青汁で余計に便秘になった!?|便秘解消のためのおすすめ青汁ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

自閉症・発達障害の子供の便秘の原因

この記事を書いた理由

自閉症・発達障害の子供の便秘

 

私の下の子は、自閉症です。
決まった食べ物へのこだわりが強く、こだわりと違うところがあると口にしません。
そして、何日も出ない日と、ゆるい便が漏れる日を繰り返していました。

 

元はといえば、この子のために子供の便秘について調べ始めたのでした。
この記事では、同じように自閉症や発達障害の子供の便秘に悩んでいる方に、調べたことをシェアしますね。

 

トイレを嫌がる我が子をなんとかしたい

 

自閉症・発達障害の子供の便秘は見過ごされることが多い

自閉症・発達障害の子供の便秘

便秘や排便障害は、自閉症や発達障害の子供には、定型の子供より多いというデータがあります。
しかし、見過ごされることも多いようです。
もともとの障害があるので、排便トラブルは仕方がないと思われてしまうからです。
私も、遅れがあるから仕方がないんだと思っていました。
ですが、発達の問題と便秘や排便トラブルの問題は、分けて考えた方がいい場合もあるんです。

 

支援級?支援校?就学問題にも影響する便失禁

オムツ

生活の質に最も影響するのは便失禁です。
オムツを使っているとなると、知的には支援学級の領域でも、就学の際に支援学校を勧められることも多くなります。
普通学級の領域でも、支援級を勧められたり。
もちろん、勧められた場所がその子に一番合っているならいいのですが。
例えば支援学校を勧められたけど、支援学級の方が発達的に合っていて、オムツ問題さえ解決すればそちらに進めるなら、合った方に進学させてやりたいですよね。
また、就学してから生活リズムが変わって便失禁の問題が出てきたりすると、学校に慣れるのがますます大変になってしまいます。

 

そしてこの便失禁、実は、便秘が原因で起きる場合もあるんです。

 

では、発達障害や自閉症の子供の便秘や排便障害、便失禁について、改善方法を探るために、まず原因を見てみますね。

 

自閉症・発達障害の子供の排便トラブルの原因

筋肉の発達の問題:括約筋が弱い、うまく使えない

1.括約筋がうまく使えない 2.便がたまって直腸が広がる 3.便が直腸を刺激しにくくなって便意が起きない、水分が吸収されて便が硬くなる

便を出すのには、括約筋という筋肉を使います。
この括約筋が弱かったり、うまく使えていない、というのも、原因のひとつです。
手先が不器用な子が多いのと同じで、体の使い方をうまくマスターできていないんですね。

 

自分の気持ちを表現できず、便意を伝えられない

言葉を使えないお子さんだけでなく、言葉を使えてもコミュニケーション面に困難があるお子さんが多くなります。
「ウンチがしたい」と自覚し、適切な表現で大人に伝える、または黙ってトイレに行くまでの過程に、けっこうハードルがあります。

感覚過敏

感覚過敏で、排便の時のちょっとした違和感がイヤだというお子さんが多いです。
その感覚がイヤでウンチを我慢したら、固くなった便が出る時に痛くて、ますます我慢してしまうという悪循環です。

 

腸内細菌が少ない

ナショナルジオグラフィックという科学誌で、自閉症児の腸内細菌が、定型発達児に比べてかなり少ないという研究が報告されています。
自閉症や、発達障害の子供は、そのせいで子供でも悪玉菌が増えやすくなっています。
それで余計に、排便トラブルも起きやすくなっている部分があります。

 

便失禁のメカニズム

便秘の中で一番困る、便失禁のメカニズムは次のようになっています。

便失禁のメカニズムの図 1.たまった便の水分が吸収されすぎて硬くなる 2.出口をふさいで栓をしてしまう 3.便がたまって腸内環境が悪化 4.3のせいでゆるくなった新しい便が上からくる 5.栓の周りを少しだけ溶かして便漏れ または、栓の先端が少しこぼれる(便失禁)

 

ゆるい便が出ているので便秘ではないとか、トイレトレができてないと思われがちです。
が、実際には出口付近をふさぐ便のせいなので、便秘なんですよね。
腸内環境も悪化しているので、ますますこの悪循環が繰り返されます。

 

この便失禁、定型児にもこの症状のある子供がいます。
発達障害のせいで便がもれるわけではなく、発達の問題とは分けて考えたほうがよいものです。
この場合、まずは直腸に便をためないサイクルを作ることが必要になります。

 

トイレを嫌がる我が子をなんとかしたい

3ステップでできる!自閉症・発達障害の子供の便秘の解消法

自閉症・発達障害の子供の便秘

こだわりで、口にできないものが多いなど、便秘の解消法にも制約がある自閉症・発達障害の子供。
だけど、そんな中でもできることがあるんです。

 

うちでは調べたことを元に、3ステップで子供の便秘を解消できました。
便失禁がない場合は2ステップで大丈夫。
療育ママ友さんたちもこれで便秘を解消して喜んでくれた方法です。
皆さんもやってみてくださいね。

 

STEP0:便失禁があるなら

自閉症・発達障害の子供の便秘

便失禁がない方は、ここは飛ばしてSTEP1に進んでください。

 

便失禁がある場合は、まずは広がった直腸を普通に戻すのが先決です。
そのために、座薬や浣腸を使います。
下剤だと、上から便を柔らかくしていくことになりますが、問題は出口付近だからです。
出口に栓をされたまま、上の方の便が下り始めたら、苦しいですよね。
だからまず一度、栓を取ってしまうこと。

 

栓が取れたら、次からは栓にならないうちに、ステップ1、2を併用して、便をためずに排泄させます。
数日おいても出ない場合は、また浣腸などを使ってください。
こうすることで、広がった直腸が元に戻り、排便の感覚がわかるようになります。

 

ただ、完全に排便リズムが整うには定型発達児でも、数か月〜一年ほどかかる道のりですので、長い目で見るといいです。
とりあえず、栓ができないようにだけ気をつけて。

 

座薬や浣腸は、抵抗のある方も多いですよね。
ただ、対処療法的にその場その場で使うのと、「広がった直腸を戻すために」と長期的な目標をもって使うのとでは違います。
心配な場合は、便秘外来や小児肛門科などがある病院に行けば、指導してもらえるでしょう。

参考:「赤ちゃんからはじまる便秘問題」さいたま市立病院小児外科部長・中野美和子 著

 

このステップを実践して、出口に栓がない状態にしながら、STEP1と2を進めていきます。

 

STEP1:誰でもできるオリゴ糖でスルッと

便失禁があるお子さんも、ステップ0で栓がない状態になっていますね。
次のこのステップ1では、便を柔らかくするためのものを取ります。
「ウンチをすると固くて痛い」今までの感覚を、スルッと出る感覚で上書きするんです。

 

といっても、「こだわりが強くて決まったものしか食べられない」子が多いですよね。
でも、大丈夫。

 

オリゴ糖なら、たいていの食べ物に混ぜることができます。
砂糖代わりに子供の好きな料理に混ぜればOK。

ジャムトースト
  • カレー
  • 卵焼き・炒り卵
  • 煮物
  • 混ぜご飯
  • 照り焼き
  • お菓子
  • アイスクリーム
  • トーストに塗るジャム・ピーナツバター・チョコクリームなどに混ぜる

 

うちは「生姜焼き」(の肉だけ(笑))とか、甘辛系の肉だけは食べたので、砂糖の代わりにオリゴ糖で味付けしました。

 

オリゴ糖の種類に注意

ここで注意したいのは、オリゴ糖の種類。
スーパーなどでよく売っている液状のオリゴ糖って、人工甘味料が入ってるんですよね。
その人工甘味料の味がよくないのか、子供が違和感を持って口から出してしまうことが多かったんです。
それに人工甘味料って、あんまり子供に食べさせたい成分でもないですよね。

 

でも、子供がパクパク食べてくれる、自然素材のオリゴ糖がありました。
それがこちらです。

 

カイテキオリゴ

 

母乳にも含まれている、赤ちゃんや妊婦でもOKな安心成分

※乳糖アレルギーの方だけはご注意ください。

サラサラの粉状で使いやすい

ダマになりにくくて、ずっとサラサラで使いやすいです。

甘さ控えめで料理の味を変えない

甘みが強いオリゴ糖だと、子供が「違う!」とばかりに口から出してしまいましたが、カイテキオリゴは控えめな甘さで料理の味が変わりにくく、バレませんでした。

 

25日間の返金保証がついてるので、合わなかったら返すこともできます。
何種類も試した私たち親子が、最後に落ち着いたオリゴ糖で、まず一歩踏み出してみませんか。

 

カイテキオリゴ

詳細はこちら

 

STEP2:ほか便秘にいいこと併用

この先は、お子さんによってこだわりの内容・感覚過敏のありようも違うので、取れる方法・取れない方法があるものです。
お子さんがやれそうなものをいくつか選んで、ステップ1、2と組み合わせてください。

生活習慣

  • 規則正しい生活で自律神経を整える
  • 朝起きたらコップ1杯の水
  • トランポリン
  • バランスボール

トランポリンやバランスボールは、感覚統合という療育でも使われる、「発達障害児の身体感覚をはぐくむのに適した遊具」です。
自律神経を整えたり、コップ1杯の水で腸を目覚めさせたリ、体の感覚をつかみやすくしたりと体質改善していきましょう。

食べ物

  • オリーブオイル
  • 水溶性食物繊維

オリーブオイルは便秘外来でも使われていて、1日あたりティースプーン1杯〜2杯を取るといいと言われています。
固くなった便を包み込んで、スルスル出やすくする効果や、まだ固くなっていない便に混じって、固くなるのを防ぐ効果があります。
料理に使うとか、バター代わりにパンにつけるなどするといいですよ。

 

食物繊維は、水溶性と不溶性がありますが、子供の便秘にいいのは水溶性食物繊維。
「子供の便秘」のページに、水溶性食物繊維を含む食べ物についてまとめてありますので、参考にしてみてくださいね。

 

子供の便秘|原因と解消法

 

補助食品を使う

 

そうは言っても、発達障害の子供の育児だけでも大変で、食事までなかなか手が回らない…
好き嫌いも多いし…


という方も多いと思います。
私もそうです(笑)
運動はまあ、バランスボールやトランポリンや、ほかに子供の好きな運動があれば何か買うなりして、たまに付き合ってやればいいんですが、食事って毎日のことですもんね。

 

なので、その部分は割り切って、補助食品で補うのも手です。
特に食物繊維は、野菜嫌いなお子さんが多くてなかなか難しいですよね。
うちも、野菜はほとんど食べてくれなくて苦労しました。

 

うちでは、食物繊維を補うために青汁を使っていました。
特に、療育ママ友たちの間で、はまった子が一番多かったのがこちらです。↓

 

 

乳酸菌とビフィズス菌入りでスッキリ!
19種類のフルーツと野菜で、取りたい栄養分網羅
ジュース感覚で飲みやすい

牛乳や豆乳で割るのも、シェイクっぽくて美味しいです。

 

モニターコース初回価格980円というのも申し込みやすくていいですね。
60日返金保証がついているので、飲んでくれなかったら返金できて安心です。

 

詳細はこちら

 

 

バナナ味が苦手なお子さんには、こんなのもあります。
うちの自閉っ子が最近一番はまっているものです。

 

黒糖青汁抹茶寒天ジュレ

ゼリータイプなので、おやつ感覚で食べられる
乳酸菌とオリゴ糖、水溶性食物繊維豊富な寒天でスッキリ!
40種類の植物発酵エキスで酵素も取れる

 

抹茶青汁寒天ジュレを食べているところ

抹茶青汁寒天ジュレの匂いと味

匂いは抹茶と黒糖っぽい匂い。
食べてみると、グレープフルーツの爽やかな酸味もあって、とても美味しい抹茶ゼリーです。
実際には抹茶は味を調える程度で、クマザサの青汁成分の方が多いんですけど、味は抹茶ですね。
黒糖の味はそんなにはしないので、苦手な方も大丈夫だと思います。

 

抹茶青汁寒天ジュレの食べ方

上は写真に撮るためにお皿に出しましたが、実際には子供は袋を開けてそのまま押し出して食べます。
帰ってきたら、おやつ代わりに1袋。
手もお皿も汚れなくて、手軽でいいですね。
寒天なので、こんにゃくゼリーのような弾力はなく、歯切れのいい感じ。
ぷるぷるしてますが、喉に詰まりそうな感じはしません。
丸飲みが心配な方は、お皿に盛ってスプーンで小さくしてもいいと思います。

 

これ、私も子供と一緒に食べてはまってます。
なんか、お肌が調子よくてやめられず(笑)
親子で食べるならおすすめです。

 

 

詳細はこちら

 

いろいろ試しつつ、お子さんにとっての生活の質が上がるようにしていけたらいいですね。
人間、体の悩みがある時はやはり集中できませんから、体の悩みを解決してあげることで、少しでも集中できるようになって、間接的に発達に寄与できればと思います。

 

いろいろ試した効果が上がってきたのか、うちの子は最近、毎日のようにお通じがあります(*^^)v
すると、昼間機嫌がいいので、個別療育なども前より集中するようです。
これまでできなかったことが、少しできるようになりました。
かんしゃくが減って、お友達もできました(*´▽`*)
今は、毎日機嫌がよくて助かっています。
お通じを整えるだけで、生活の質が上がるので、できるところから試してみませんか。

このページで紹介したもの

 

STEP1 カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

詳細はこちら

 

 

 

STEP2 青汁

詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

赤ちゃんの便秘|原因と解消法

赤ちゃんの便秘 赤ちゃんの便秘|原因赤ちゃんの便秘、心配ですよね。初めての子だと、どう対応していいかもわからなくて、ついオロオロしてしまいます。二番目、三番目の子だって、「上の子は便秘じゃなかったし…」って、やっぱりわからないところがあるもの。ここでは、一歳頃までの赤ちゃんの便秘について解説していきますね。赤ちゃん...

≫続きを読む

子供の便秘|原因と解消法

子供の便秘解消 子供の便秘|原因子供の便秘、続くと大変ですよね。便秘が続くと機嫌が悪くなるお子さんも多いです。幼児だと、イヤイヤ期やトイレトレも重なったりして、もう大変!児童だと、学校でおならが出るのを気にしてしまったり、余計にトイレに行けなくなったり。便秘だけでも解消できれば、もう少し楽なのに…それに、子供のうち...

≫続きを読む

自閉症・発達障害の子供の便秘

自閉症・発達障害の子供の便秘 自閉症・発達障害の子供の便秘の原因この記事を書いた理由私の下の子は、自閉症です。決まった食べ物へのこだわりが強く、こだわりと違うところがあると口にしません。そして、何日も出ない日と、ゆるい便が漏れる日を繰り返していました。元はといえば、この子のために子供の便秘について調べ始めたのでした。この記事では...

≫続きを読む