青汁で余計に便秘になった!?|便秘解消のためのおすすめ青汁ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠中の便秘の原因

妊娠中は黄体ホルモンで便秘になりやすい

妊娠すると、黄体ホルモンの「プロゲステロン」が分泌されます。
生理前にも出ているホルモンです。
このホルモンには、子宮の収縮を抑える働きがあります。
早産などを防ぐためには、とても大切なホルモンですよね。

 

ところが困ったことに、腸も子宮と同じ種類の筋肉でできています。妊娠中の便秘
このホルモンは、子宮の収縮を防ぐのと一緒に、腸のぜん動運動も抑えてしまいます。
そのため、妊娠すると便秘になりやすいのです。

 

他にもある、妊娠中の便秘の原因

自律神経

妊娠中は、ホルモンなどの働きもあり、女性の体が大きく変化していきます。
また、つわりなどのストレスもあり、自律神経が「興奮・緊張」側に傾きやすくなります。
自律神経は、「リラックス」側に傾くと、腸のぜん動運動を促進してくれます。
ですが、「興奮・緊張」側に傾くと、腸の動きが鈍くなってしまいます。

 

妊娠後期の子宮による圧迫

妊娠後期に入ると、子宮が大きくなって直腸を圧迫します。
このために直腸が動きにくくなって、便秘になりやすくなります。

 

食事・運動の変化

妊娠中の便秘

つわり中、食べられなくなって好みが偏り、食物繊維が足りなくて出にくくなることがあります。
つわりが終わっても、食べ物の好みの偏りが残り、足りなくなることがあります。
体が重くなり、動きにくくなることから、運動不足で筋力が低下して踏ん張りにくくなります。

 

また、「いきむと、赤ちゃんが出ちゃうのでは…」という不安から、トイレで力を込められない、という人も少なくありません。
私も覚えがあるのですが、特に、切迫気味だと怖いですよね。

 

妊娠中の便秘の解消法

薬は必ず産婦人科で出してもらう

自己判断で市販の下剤や浣腸、便秘薬を使うことはしないでください。
病院は、妊婦に出しても大丈夫な薬を出してくれます。
薬を使うならそれを使いましょう。

 

妊婦の便秘解消のための運動

運動不足が原因だと思っても、妊娠中は無理な運動は控えるしかありませんよね。
切迫流産・切迫早産などの心配のない安定期の方は、マタニティ・ヨガがおすすめです。
出産当日、陣痛が来て、でもまだいきんではいけない時、マタニティ・ヨガをやっていたおかげで、体の力の抜き方などが自然に身についていて、役に立ちました。
産院でもマタニティ・ヨガは講座を開いているところもあります。
ただし切迫流産・切迫早産の出血などがある方は、お医者さんの指示があるまで安静にしましょう。
この場合は運動以外の方法で、なんとか解消したいですね。

 

妊婦の便秘解消|自律神経を整える

妊娠中は、ホルモンバランスが変わったことで、自律神経が乱れがちになります。
ですので、自律神経を整えるような規則正しい生活をするといいです。
便秘解消には、そういう規則正しい生活の中でも、朝の過ごし方が大切です。
朝、必ずトイレタイムを取る余裕を持って起きるのが大切です。
妊娠中の便秘
早起き

コップ一杯分の水分補給(白湯など温かいものでも可)
起きて初めて胃に水分が入ることで、腸が動き出し、朝食後のスッキリにつながります。

朝食
つわりがあるなら食べられる範囲で。
果物が食べられるなら、リンゴやバナナは食物繊維が多いのでおすすめです。
乳酸菌とオリゴ糖の取れるヨーグルトもいいですね。

トイレタイム妊娠中の便秘
10〜15分必ず取ります。

昼食、夕食なども、食べられる範囲で規則的に何かはお腹に入れるといいです。
規則的に胃腸を動かすのが、便秘解消に大切だからです。

お風呂は、切迫流産・切迫早産などで禁じられていないようなら、湯船にゆっくり浸かるのがおすすめです。
自律神経が「リラックス」に傾くので、リズムが整いやすくなります。

ホルモンの関係で出産が近づくと眠れなくなったりしますが、眠れなくても夜、決まった時間に部屋を暗くして横になりましょう。妊娠中の便秘
目を閉じて横たわるだけでも休息効果はあるので、安心してください。
朝は決まった時間に起きます。

 

妊娠中のトイレタイム|トイレでのいきみ方

妊娠中の便秘

妊娠中、トイレタイムに力入れすぎるのは、なんだか怖いですよね。
私も妊娠中は切迫気味だったので、お腹に力を入れるのが怖かったです。

 

トイレで普通にいきむくらいでは、胎児に影響はないとされています。
とはいえ、切迫気味の方などは怖いですよね。
あまり強くいきまないと出ないような時は、産婦人科で便秘薬をもらいましょう。
市販の便秘薬は、子宮が収縮する効果があるものもあるので、くれぐれもお医者さんに相談して薬をもらってください。

 

私が、これなら安心だなと思ったのは、ソフロロジーの本に書いてあったいきみ方。
ソフロロジーというのは、産むときの呼吸法なのですが、リラックスして力を抜くために、息を吐き続けるんですね。
トイレでいきむ時も、練習を兼ねてこの方法がいいということでした。

 

最初は息を吐き続けながらいきむことに慣れなかったです。
が、だんだん慣れてくると、やりやすくなりました。
息を吐いていると余分な力が抜けて、必要な力みだけになっていくので、これなら大丈夫、という安心感があったこと。
それに、息は吐き切ると吸うことになりますよね。
息を止めていきんでいるのと違って、定期的に吸っているので、赤ちゃんも酸欠になっていないはず!という安心感があったんですよね。
実のところ、いきみ方自体よりも、この安心感のおかげで腸が動いたのかな、と思っています。
初期〜つわりが終わるくらいまではマグミットのお世話になりましたが、このやり方に出会ってから、薬を飲むこともなくなりました。

 

妊婦の便秘解消に役立つ食べ物

水溶性食物繊維

つわりで食べられないものについては、無理をする必要はありません。
水溶性食物繊維を含んでいる中で、つわり中でも食べられそうなものがあったら口にするといいです。
私はこんにゃくゼリーが食べられたので、食べていました。
ところてんや、牛乳寒天などもいいですよ。

 

野菜・豆類

妊娠中の便秘
  • アボカド
  • インゲン豆
  • オクラ
  • ゴボウ
  • 切り干し大根
  • サツマイモ
  • 里芋
  • なめこ
  • にんじん
  • モロヘイヤ
  • 納豆
  • あんこ(つぶあん)

穀類

  • そば
  • 押麦

海藻と海藻加工品

妊娠中の便秘
  • 海藻類全般
  • 昆布
  • わかめ
  • あおさ
  • 海苔
  • もずく
  • ところてん
  • 寒天

飲み物

  • ココア

フルーツ、その他

  • りんご
  • 妊娠中の便秘
  • バナナ
  • プルーン
  • ナッツ
  • こんにゃくゼリー

 

乳酸菌、オリゴ糖

妊娠中は便秘しがち。
便秘すると、腸内環境が悪化して悪玉菌が増えてしまいます。
そうすると余計に便秘が悪化してしまうという悪循環に陥るんですよね。
他にも、ガスが発生しやすくなったりという作用があります。

 

このあたりを改善するには、乳酸菌とオリゴ糖を取るといいです。
乳酸菌またはビフィズス菌は、ヨーグルトなどに入っています。善玉菌です。
オリゴ糖は、善玉菌のエサになって腸内で善玉菌を増やしてくれます。
オリゴ糖は、甘いというイメージがありますが、豆腐などにも入っていますよ。

 

オリゴ糖を含む食品
  • 玉ねぎ
  • ゴボウ
  • 牛乳
  • 大豆
  • 豆腐
  • 大豆製品
  • 味噌
  • しょうゆ

 

市販のオリゴ糖は、人工甘味料や合成保存料が入っているものが多くなっています。
無添加のオリゴ糖なら、このあたりがおすすめです。

 


カイテキオリゴ

 

妊婦の便秘解消|即効性のある食べ物

便秘解消に即効性があるのは、オリーブオイル。
便秘外来でも使われます。
硬くなった便に潤滑油の働きをして、スルスル出やすくします。
また、まだ硬くなっていない便に混じって、硬くなるのを防ぎます。

 

ティースプーン1〜2杯分を、パンにつけたり料理に使ったりして食べるといいです。
ただしカロリーはあるので、体重が増えすぎて指導されている方は、量や頻度など気を付けてください。

 

妊娠中の青汁

妊娠中の青汁については、別ページで特集しています。
こちらを参考にしてくださいね。

 

妊娠中の便秘に、青汁を飲んでもいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

接客業に多い?直腸性便秘の原因と対処法

接客業に多い直腸性便秘 こんな心当たりはありますか?接客業などで外せないことが多いので、便意を感じても我慢することが多い。職場や学校で大をするのが恥ずかしくて、つい我慢してしまう。痔があって出すのがつらいので、つい我慢してしまう。我慢しているうちにだんだん、便意をあまり感じなくなってきてしまった。こんな、「つい我慢してしま...

≫続きを読む

ストレスが原因、下痢だけじゃなかった!便秘型もある過敏性腸症候群

過敏性腸症候群 過敏性腸症候群(IBS)の症状過敏性腸症候群(IBS)というのを聞いたことがありますか?それって、下痢だけじゃないの?と思った方。実は私もそう思ってました。大事な会議の時に限って、行きの電車で下痢に…駅のトイレに駆け込んで遅刻しそう。怖くて各駅停車しか乗れないよ。大事な出張に行ったら便秘になってしま...

≫続きを読む

生理前の便秘やむくみ|原因と対処法

便秘に悩む女性 生理前の便秘は生理前症候群(PMS)の一種生理前に便秘になる女性、多いですよね。私も長年、生理前は苦しいなあ、と思いつつ、それが生理前症候群だなんて知らずにいたんですが。そう、これ、生理前症候群(PMS)の症状だったんです。生理前の便秘の原因生理前の便秘の原因は、黄体ホルモン「プロゲステロン」。これ...

≫続きを読む

50代からの便秘|大切な人のために

50代の夫婦 加齢による便秘現代の50代はまだまだ若く、仕事に趣味にと駆け回っていますよね。60代でもまだまだ元気!仕事をリタイアして、これから好きなことをするぞー!と意気込んでいるかも。70代、80代のお父さん、お母さんや、おじいちゃん、おばあちゃんのために、便秘について検索しているお子さん、お孫さんもいらっし...

≫続きを読む

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘解消 妊娠中の便秘の原因妊娠中は黄体ホルモンで便秘になりやすい妊娠すると、黄体ホルモンの「プロゲステロン」が分泌されます。生理前にも出ているホルモンです。このホルモンには、子宮の収縮を抑える働きがあります。早産などを防ぐためには、とても大切なホルモンですよね。ところが困ったことに、腸も子宮と同じ種類の筋肉...

≫続きを読む

食生活による便秘|ダイエット中の方も注意

食生活が原因の便秘 ダイエット中の方も注意|食生活による便秘別の記事にあげてきた便秘に当てはまらない方。野菜、水分、脂分をあまり取らない、ダイエット中の方。ダイエットはしてないけど、外食や多忙などで野菜や水分をあまり取れていない方。これらの方は、食べ物による便秘かもしれません。便秘解消の方法はあるのか?詳しく見ていきま...

≫続きを読む

運動不足による便秘

運動不足による便秘 デスクワーク中心の方は特に注意デスクワークの方、午後になるとガスがたまってきたり、便秘になりやすかったりしませんか?もしそんな症状があって、普段それほど運動していないなら、運動不足による便秘の可能性があります。どうして、運動不足だと便秘になるの?人間の体は大昔から、太陽が出ている間動くようにプログラ...

≫続きを読む