青汁で余計に便秘になった!?|便秘解消のためのおすすめ青汁ランキング

接客業に多い?我慢しすぎると直腸性便秘に


このエントリーをはてなブックマークに追加   

こんな心当たりはありますか?

接客業で便秘になる人
  • 接客業などで外せないことが多いので、便意を感じても我慢することが多い。
  • 職場や学校で大をするのが恥ずかしくて、つい我慢してしまう。
  • があって出すのがつらいので、つい我慢してしまう。
  • 我慢しているうちにだんだん、便意をあまり感じなくなってきてしまった

 

こんな、「つい我慢してしまう人」に多いのが「直腸性便秘」です。
いったいどんな便秘なんでしょうか?

 

大腸の出口近く、「直腸」に固い便がたまる

悪玉菌の巣窟になった腸

上に書いたような状況で、つい我慢し続けてしまったとします。
便はもう出口付近まで来ています。
出口付近に便があると、脳が信号を受け取って「出したい」と便意を心に伝えます。
ところが、我慢し続けていると、
「この信号は間違いみたいだ」
と脳が勘違いしてしまうんですね。
勘違いとして処理されると、出さなきゃならない状態でも、便意を感じなくなってしまいます。
大腸自体も、ため込むことで広がるので、詰まっているのに詰まっていると感じなくなってきます。
こうなると、もっとすごい量になるまで便意を感じません。

 

そして、長い間直腸にあると、水分が吸収されすぎてものすごく硬い便になります。
硬い便が大量にたまっているなんて、出すとき大変だし、痛いですよね。
痔の方なんかは特に辛さを感じます。
そして、ますます出すのを我慢してしまいます。
すると最初に戻って、脳が便意を感じなくなり、大腸も広がって、すごい量をため込むまで便意を感じず…
やっと出そうとした時には、ますます大変な状態に。
という、便秘の悪循環にはまってしまいます。

 

接客など、好きな時にトイレに行きにくい職業の方に多いと言われています。

 

では、こんな直腸性便秘、改善するにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

 

 

 

直腸性便秘にはどう対処すればいい?

生活リズムを整える

 

私、直腸性便秘だったんだ…!
治したい!


そう思った方。
直腸性便秘は、生活リズムを整えることで治すことができます。

 

仕事中にトイレに行けないなら、朝、排便してしまうようにリズムを整えます。生活リズムを整える
人間は、朝、一日で一番便意を感じるようにできているんです。

 

朝起きて、水や食べ物が胃に入る

「胃・大腸反射」で腸が動き出す

便意

 

直腸性便秘を治すタイムスケジュール

  1. 早起き

    出かけるまでに、最低1時間は取ります。
    腸が動き出した時に、トイレタイムをしっかり取るためです。

  2. ストレッチ

    数分でいいので、体を伸ばしたりほぐしたりしましょう。
    血行がよくなって、体が活動モードになります。

  3. コップ一杯の水分朝起きたら水分を

    朝食前に常温の水を飲みます。寒い時期は白湯でも可。
    青汁を飲んでいる方は、ここで青汁というのも手です。
    胃に何か入ることで、腸が動き出します。

  4. 朝ごはん

    どうしても時間がないなら、ヨーグルトやバナナなどだけでも。
    腸を効果的に刺激します。

  5. トイレタイムトイレタイムは必ず取る

    朝ごはんの15〜30分後が、一番便意を感じます。
    もし便意を感じなくても、この時間は必ず確保して、トイレにこもりましょう。
    毎日〜2,3日に一度、空っぽにしてスッキリするのが最善です。

  6. 出勤など

 

  • デスクワークの方は、階段を上がるなど、ちょっとした運動をこころがけて。
  • 昼ごはんもしっかり食べます。

 

  • 晩御飯もしっかり食べます。

    夜は消化の悪いものは避けてください。
    寝る直前に何か食べるのもやめましょう。
    寝ている間、消化器を休ませてやることが大事です。

  • 湯船につかる

    腸の血行をよくすることと、自律神経を整えて、規則的に便意が来るようにすること、二つの意味があります。

  • 寝る少し前はリラックスタイム

    寝る少し前には照明を落とし、テレビやスマホを見るのをやめます(ブルーライトが睡眠に入るのを邪魔します)。
    ヒーリングミュージックを聞くなど、5分でもいいので自分なりのリラックスタイムを取りましょう。

  • 早寝早寝する

    起きる時間から逆算して、6時間は必ず睡眠をとります。
    6時に起きるなら12時には寝ます。
    寝ている間、消化器を完全に休ませてやります。

 

直腸性便秘は、排便リズムの乱れ。
人間の体は、思った以上に生活リズムに依存しています。
だまされたと思って、試してみてください。

 

これを実行する前に、硬い便が出口をふさいでいる方

習慣的な浣腸は、医師の指導がなければおすすめしません。
が、この方法をとる以前に、すでに硬い便が出口をふさいでいて、どうにも出ないという方。
生活リズムを整える前日にでも、一度だけ、浣腸で出口の硬い便を出してやるのは、有効です。
出口の硬い便が栓になってしまっていると、リズムがつくのに時間がかかります。
リズムがつかないうちに「出ない…」と挫折するよりは、栓になっている部分を取り除いて、それからリズムをつけていきましょうか、という話です。
出口付近の話なので、浣腸が効きます。
(出口を栓されているのに下剤を使うと、中から出ようとしているのに栓がしてあって出られない…と、かなり苦しいことになります)
最初に栓になっている部分が出るまで、規則正しい生活を挫折せずに根気よく頑張る!ということができる方は、使わなくても大丈夫ですよ。

 

3食しっかり食べる|どんなご飯を食べればいい?

ご飯をしっかり食べる

この規則正しい生活をする中で、大切なのは
「朝」
の過ごし方と、
「3食しっかり食べる」
ことです。
まあ、食べたものが出るものを作るわけですから、当然といえば当然ですよね。
じゃあ、どんなものを食べるのがいいでしょう?

 

水溶性食物繊維
食物繊維

よく言われることではありますが、やはり、一番いいのは水溶性食物繊維ですね。
海藻、なめこ、りんご、バナナ、こんにゃくなどに多く含まれています。
バナナはオリゴ糖も含まれていたり、りんごはクエン酸に乳酸菌を増やす働きがあったりで、特におすすめです。

 

乳酸菌+オリゴ糖など
善玉菌が働いてきれいになった腸

便秘で便がたまっていた腸は、悪玉菌が繁殖しています。
この悪玉菌、消化吸収を妨げ、ガスが臭くなる原因にもなっています。
悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やすこと。
乳酸菌や、そのエサとなるオリゴ糖を取ると、腸の中がきれいになって、よく働いてくれますよ。
食べ物から取るなら、ヨーグルト+オリゴ糖でしょうか。
オリゴ糖の多いバナナを足して、バナナヨーグルトなんかもいいですね。

 

ただし、まだ出口が硬い便でふさがれてしまっている人は、精製されたオリゴ糖の取りすぎでお腹がゆるくなりすぎないようにしましょう。
(出口に栓がしてあって出られないのに、ゆるくなったものが出口に殺到すると、とても苦しいです…経験者は語る(笑))
栓になっていたと思われる分が出たら、その後からオリゴ糖も試してみるといいですよ。

 

酵素
酵素が減少

酵素は、年齢とともに体の中から減っていきます。
すると、消化が悪くなってしまい、腸内環境も悪くなっていきます。
便秘でただでさえ悪くなった腸内環境を、よくしてやらなければなりません。
外から補ってやるのがいいでしょう。
生の野菜や果物に多く含まれています。

 

オリーブオイル

これは、まだ出口あたりが硬い便で栓をされている方に有効。
滑りをよくして、硬くなった便を出やすくしてくれるのだそうです。
目安としてはスプーン1〜2杯くらい、オリーブオイルを使った料理を食べたり、バゲットと一緒に食べるといいですね。
便秘外来で使われている方法だそうです。

効果的に食物繊維や乳酸菌、酵素を取るには

乳酸菌だけならヨーグルト、酵素だけなら生野菜や生の果物、酵素水などいろいろあります。
が、忙しい毎日、これに食物繊維も足して、全部気を付けるのはなかなか大変です。

 

何かサプリのようなもので補ってみよう、と思う方におすすめなのは、青汁です。
青汁も、乳酸菌や酵素の含まれていないものが多いですが、当サイトでは、乳酸菌と酵素の含まれた青汁に絞っておすすめしています。
そのために他のランキングサイトとは、違ったものをおすすめしていることと思います。
これは私自身、便秘に悩まされ、いろいろ調べた結果、
「食物繊維のほかに乳酸菌と酵素があった方がいい」
という結論に至ったからです。

 

同じく便秘に悩んでいる方に、少しでも参考になるといいなと思いながら、サイトを作っています。
よかったら、当サイトおすすめの青汁も、どんなものか見てみてくださいね。

 

乳酸菌と酵素の入った青汁ランキング

直腸性便秘の原因が痔だった方へ

痔の痛みのためにトイレを我慢してしまっていた方。
そのために便秘になっては、出す時にますます痛いし、苦しいですよね。

 

便秘を解消するのも大切ですが、痔のお手当も大切です。
痔ろうといって、膿が出てしまっている人は、病院に行く必要があります。
が、切れ痔・いぼ痔の段階で、「病院には行きたくない」方は、漢方を試してみてはいかがでしょうか。
通販なら、薬局で買うような恥ずかしい思いもしなくて済むのがいいですね。

 


【内服漢方】レンシン

このエントリーをはてなブックマークに追加   

接客業に多い?直腸性便秘の原因と対処法

接客業に多い直腸性便秘 こんな心当たりはありますか?接客業などで外せないことが多いので、便意を感じても我慢することが多い。職場や学校で大をするのが恥ずかしくて、つい我慢してしまう。痔があって出すのがつらいので、つい我慢してしまう。我慢しているうちにだんだん、便意をあまり感じなくなってきてしまった。こんな、「つい我慢してしま...

≫続きを読む

ストレスが原因、下痢だけじゃなかった!便秘型もある過敏性腸症候群

過敏性腸症候群 過敏性腸症候群(IBS)の症状過敏性腸症候群(IBS)というのを聞いたことがありますか?それって、下痢だけじゃないの?と思った方。実は私もそう思ってました。大事な会議の時に限って、行きの電車で下痢に…駅のトイレに駆け込んで遅刻しそう。怖くて各駅停車しか乗れないよ。大事な出張に行ったら便秘になってしま...

≫続きを読む

生理前の便秘やむくみ|原因と対処法

便秘に悩む女性 生理前の便秘は生理前症候群(PMS)の一種生理前に便秘になる女性、多いですよね。私も長年、生理前は苦しいなあ、と思いつつ、それが生理前症候群だなんて知らずにいたんですが。そう、これ、生理前症候群(PMS)の症状だったんです。生理前の便秘の原因生理前の便秘の原因は、黄体ホルモン「プロゲステロン」。これ...

≫続きを読む

50代からの便秘|大切な人のために

50代の夫婦 加齢による便秘現代の50代はまだまだ若く、仕事に趣味にと駆け回っていますよね。60代でもまだまだ元気!仕事をリタイアして、これから好きなことをするぞー!と意気込んでいるかも。70代、80代のお父さん、お母さんや、おじいちゃん、おばあちゃんのために、便秘について検索しているお子さん、お孫さんもいらっし...

≫続きを読む

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘解消 妊娠中の便秘の原因妊娠中は黄体ホルモンで便秘になりやすい妊娠すると、黄体ホルモンの「プロゲステロン」が分泌されます。生理前にも出ているホルモンです。このホルモンには、子宮の収縮を抑える働きがあります。早産などを防ぐためには、とても大切なホルモンですよね。ところが困ったことに、腸も子宮と同じ種類の筋肉...

≫続きを読む

食生活による便秘|ダイエット中の方も注意

食生活が原因の便秘 ダイエット中の方も注意|食生活による便秘別の記事にあげてきた便秘に当てはまらない方。野菜、水分、脂分をあまり取らない、ダイエット中の方。ダイエットはしてないけど、外食や多忙などで野菜や水分をあまり取れていない方。これらの方は、食べ物による便秘かもしれません。便秘解消の方法はあるのか?詳しく見ていきま...

≫続きを読む

運動不足による便秘

運動不足による便秘 デスクワーク中心の方は特に注意デスクワークの方、午後になるとガスがたまってきたり、便秘になりやすかったりしませんか?もしそんな症状があって、普段それほど運動していないなら、運動不足による便秘の可能性があります。どうして、運動不足だと便秘になるの?人間の体は大昔から、太陽が出ている間動くようにプログラ...

≫続きを読む