青汁で余計に便秘になった!?|便秘解消のためのおすすめ青汁ランキング

生理前の便秘やむくみ|原因と対処法


このエントリーをはてなブックマークに追加   

生理前の便秘は生理前症候群(PMS)の一種

便秘に悩む女性

 

生理前に便秘になる女性、多いですよね。
私も長年、生理前は苦しいなあ、と思いつつ、それが生理前症候群だなんて知らずにいたんですが。
そう、これ、生理前症候群(PMS)の症状だったんです。

 

生理前の便秘の原因

生理前の便秘の原因は、黄体ホルモン「プロゲステロン」
これは、排卵日から生理までの二週間ほどの間、よく分泌される女性ホルモンです。
排卵日から生理までの間は、女性の体は妊娠と似たホルモン状態になるんですね。
妊婦さんにも、出産までの間分泌されているホルモンです。

 

このプロゲステロン、体内で子供を育てるには必要なホルモンなのですが、妊娠していない時には、ちょっと困る作用が二つありまして…

  1. 大腸のぜん動を弱めます。便秘に悩む腸

    もとはと言えば、子宮の収縮を弱める働きだったんです。
    妊婦さんの子宮が収縮しすぎたら、流産や早産になってしまいます。
    だから、子宮が収縮しないようにこういうホルモンが出るんですね。

     

    しかし、困ったことに、大腸も子宮と同じ種類の筋肉でできているんです。
    このホルモン、大腸の筋肉にも同じように働いてしまいます。
    つまり、大腸が収縮しにくくなるわけです。
    そうすると、便が出口に送られにくくなりますから、便秘になりますよね。
    実際、妊婦さんにも便秘に悩まされる人は多いのですが、生理前の便秘と同じ原因なわけです。

  2.  

  3. 体に水分をためます。

    妊娠すると、体が赤ちゃんのために栄養と水分を蓄えようとします。
    生理前も、これと似たホルモン状態になっています。
    体に水分をためようとする、ということは、排出される水分量が少なくなる、ということ。
    便に含まれる水分量が減ってしまいますから、便が硬くなって、出にくくなってしまいます。
    また、体に水をためる働きのために、むくみが出やすくなります。

 

これが、生理前の便秘の原因だったんですね。
じゃあ、どう対処していったらいいでしょうか?
次の記事で見ていきますね。

生理前の便秘の対処法

 

水分を多めに取る

生理前の便秘対策に水を飲む

「むくんでいるから」と水分を減らす方もいらっしゃいますが、便秘には逆効果です。
体に吸収される以上の水分を取らないと、便にまで水分が行き渡らないので、ますます硬く、出にくくなってしまいますよね。

 

朝一番:少し冷たい水(胃腸を刺激して便意が起こりやすくなると言われています)
それ以外の時間:常温の水、または白湯(逆に、胃腸をいたわる効果があります)

 

がおすすめです。

 

運動をする

運動すると、大腸のぜん動が促されます。
ぜん動が弱くなっているところに、外から刺激を与えてやる感じですね。
腹筋運動やウォーキングなどの軽い運動がいいとされています。

 

 

そんなこと言っても、忙しくて運動なんて…


という方は、通勤中にちょっとした動きを足してみましょう。生理前の便秘対策に軽い運動
・エスカレーターを使わずに階段を使う
・その場所から利用できる駅が2つあったら、ちょっとだけ遠い駅まで歩いてみる
・昼休みや帰ってからなど、軽いストレッチや柔軟をする
ほんのちょっとのことでも、続けると少しずつ差が現れてきますよ。

 

栄養バランスに気を配る

たとえば、生理前症候群(PMS)には、鉄と亜鉛を取ると症状がやわらぐというデータがあります。
さらに、大豆にはイソフラボンが含まれていて、女性ホルモンによるこうした症状全般に効果があるとされています。

 

また、便秘そのものに働きかける成分としては、このサイトでも見てきた、
食物繊維(水溶性と不溶性のバランスをよく取る)
乳酸菌
酵素
があります。

 

鉄は、魚介類、海藻、卵に多く含まれています。
亜鉛は、肉類全般と卵、魚介類に多く含まれています。
食物繊維は野菜ですね。
乳酸菌はヨーグルトなど。
酵素は生野菜などに主に含まれています。

 

忙しくて、そんなに時間をかけられない方

 

 

これ全部食べるの?忙しいし、無理…


という方。
鉄と亜鉛は、実は青汁にも多く含まれているんですよね。
ということは、青汁を飲むと
鉄、亜鉛(生理前症候群に効く)
食物繊維、乳酸菌、酵素(便秘に効果的)
と、ほとんどの有効な成分を取れるんです。

 

(乳酸菌と酵素は、含まれていない青汁も多くあります。
当サイトで紹介している青汁はすべて、乳酸菌と酵素が含まれているものばかりですから、参考にしてくださいね)

 

さらに、青汁を豆乳に混ぜるとイソフラボンも取れるので、生理前症候群(PMS)の解消に必要な栄養素はパーフェクトに。豆乳青汁
さらには水分まで取れるので、いいことずくめ。

 

忙しい方は、青汁を豆乳に混ぜて飲んでみるのが一番お手軽かもしれません。
下の、当サイトおすすめの青汁ランキングも参考にしてみてくださいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

接客業に多い?直腸性便秘の原因と対処法

接客業に多い直腸性便秘 こんな心当たりはありますか?接客業などで外せないことが多いので、便意を感じても我慢することが多い。職場や学校で大をするのが恥ずかしくて、つい我慢してしまう。痔があって出すのがつらいので、つい我慢してしまう。我慢しているうちにだんだん、便意をあまり感じなくなってきてしまった。こんな、「つい我慢してしま...

≫続きを読む

ストレスが原因、下痢だけじゃなかった!便秘型もある過敏性腸症候群

過敏性腸症候群 過敏性腸症候群(IBS)の症状過敏性腸症候群(IBS)というのを聞いたことがありますか?それって、下痢だけじゃないの?と思った方。実は私もそう思ってました。大事な会議の時に限って、行きの電車で下痢に…駅のトイレに駆け込んで遅刻しそう。怖くて各駅停車しか乗れないよ。大事な出張に行ったら便秘になってしま...

≫続きを読む

生理前の便秘やむくみ|原因と対処法

便秘に悩む女性 生理前の便秘は生理前症候群(PMS)の一種生理前に便秘になる女性、多いですよね。私も長年、生理前は苦しいなあ、と思いつつ、それが生理前症候群だなんて知らずにいたんですが。そう、これ、生理前症候群(PMS)の症状だったんです。生理前の便秘の原因生理前の便秘の原因は、黄体ホルモン「プロゲステロン」。これ...

≫続きを読む

50代からの便秘|大切な人のために

50代の夫婦 加齢による便秘現代の50代はまだまだ若く、仕事に趣味にと駆け回っていますよね。60代でもまだまだ元気!仕事をリタイアして、これから好きなことをするぞー!と意気込んでいるかも。70代、80代のお父さん、お母さんや、おじいちゃん、おばあちゃんのために、便秘について検索しているお子さん、お孫さんもいらっし...

≫続きを読む

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘解消 妊娠中の便秘の原因妊娠中は黄体ホルモンで便秘になりやすい妊娠すると、黄体ホルモンの「プロゲステロン」が分泌されます。生理前にも出ているホルモンです。このホルモンには、子宮の収縮を抑える働きがあります。早産などを防ぐためには、とても大切なホルモンですよね。ところが困ったことに、腸も子宮と同じ種類の筋肉...

≫続きを読む

食生活による便秘|ダイエット中の方も注意

食生活が原因の便秘 ダイエット中の方も注意|食生活による便秘別の記事にあげてきた便秘に当てはまらない方。野菜、水分、脂分をあまり取らない、ダイエット中の方。ダイエットはしてないけど、外食や多忙などで野菜や水分をあまり取れていない方。これらの方は、食べ物による便秘かもしれません。便秘解消の方法はあるのか?詳しく見ていきま...

≫続きを読む

運動不足による便秘

運動不足による便秘 デスクワーク中心の方は特に注意デスクワークの方、午後になるとガスがたまってきたり、便秘になりやすかったりしませんか?もしそんな症状があって、普段それほど運動していないなら、運動不足による便秘の可能性があります。どうして、運動不足だと便秘になるの?人間の体は大昔から、太陽が出ている間動くようにプログラ...

≫続きを読む