青汁で余計に便秘になった!?|便秘解消のためのおすすめ青汁ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠中の便秘に青汁を飲んでもいい?

妊娠中の便秘の原因や一般的な対処法については、こちらを参考にしてください。

 

妊娠中の便秘を解消するには

 

妊娠中、便秘に悩まされる方、多いですよね。
それだけでなく、栄養面も気になります。
食物繊維を取るなら、やっぱり青汁かな?という方も多いと思います。
でも、妊娠中って、青汁を飲んでも大丈夫なの?

 

ここでは、妊娠中と授乳中の青汁について見ていきます。

 

妊娠中、青汁を飲んでも大丈夫?

 

食物繊維を取りたいんだけど、妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?


 

 

青汁ってカフェインは入ってるの?


 

妊娠中、健康や栄養を考えて青汁を飲もうと思う時、まず気になるのは上のような点だと思います。
果たしてどうなのでしょう?

 

妊娠中の青汁|各製品ごとに注意書きがある

 

妊娠中に青汁を飲んでいいかどうかについては、各製品ごとに注意書きがあります。
「薬ではなく食品なので、飲んで大丈夫」
という青汁もありますし、
「医師に相談してください」
という青汁もあります。

 

そして、どの成分をどれだけ含んでいたら飲んでも大丈夫か?
という解釈は、それぞれの使用者に任せられています。

 

たとえば、カフェインです。
緑茶(抹茶)が加えられている青汁は多いですよね。
ただし、緑茶だけでできているわけではありませんから、緑茶そのものよりはカフェインは少なくなります。

 

母親学級などでは、最近は、
「ストレス解消になる場合、飲みすぎないよう、1日1〜2杯にすればコーヒーや紅茶を飲んでもいい」
と教えるところも多くなっています。
飲まずにストレスをためるよりはいい、という考え方ですね。
でも、飲むか飲まないかは自己判断。
できるだけ飲まないという方もいます。
そこは、個人の考えですよね。

 

そして、例えば外食がちで、食後についてくるコーヒーを飲みたいとします。

 

ノンカフェインコーヒーはお店のメニューにないんですよね。
この食後のコーヒーのために、家ではカフェインは控えたいな。


 

という方もいます。
逆に、

 

ずっと家で栄養に気を付けているし、ノンカフェインコーヒーにしてるんですよね。
青汁のカフェインってすごく微量なんでしょ?
それくらいならまあいっか。


と考える方もいます。

 

いろいろな状況があるんですよね。
ここでは、判断の材料になるようなデータを見ていきましょう。

 

妊娠中に食べてはいけないものが、含まれていないかチェック

  • 普通は体にいいけど、妊娠中に食べてはいけないもの。
  • 普通は体にいいけど、妊娠中は量を制限した方がいいもの。

いくつかありますね。
この中で、青汁に含まれる可能性がありそうなものを見ていきます。

 

妊娠中に食べてはいけないもの

子宮収縮の作用があるものは、食べないようにと言われていますね。
ハーブ類やスパイスが多いので、買おうとしている青汁に含まれていないか、見てみてください。
できれば、メーカーに問い合わせをするのが安心です。
ハーブは、薬ではないものの薬草として用いられていたという背景があり、ハーブ屋さんによっても言うことが違ったりします。
また、ブレンドされているとどれが入っているかわからなかったりするので、ブレンドのハーブティーは避けておいた方が無難です。
避けておいた方がいいと言われているものを挙げておきます。

 

  • アロエ
  • パセリ
  • バジル
  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • ジャスミン
  • センナ
  • サフラン
  • シナモン
  • マテ
  • ヤロー
  • リコリス
  • レモングラス
  • セントジョーンズワート
  • ウコン
  • オレガノ
  • ベニバナ
  • ハトムギ
  • カモミール
  • アンジェリカ
  • カバ
  • コーンフリー
  • コルツフット
  • ジャスミン
  • ジュニパー
  • セージ
  • チェストベリー
  • ニーム
  • バーベイン
  • バレリアン
  • フィーバーフュー
  • フェヌグリーク
  • ブラックコホシュ
  • マザーズワート
  • ハイビスカス
  • フェンネル
  • モリンガ

 

特に注意しておいた方がいいのは、アロエです。
ヨーグルトなど、体にいいとされるものに含まれていることが多いからです。
パセリなども、外食でよく付け合わせになっているので、残した方がいいですよね。

 

また、モリンガも、最近スーパーフードとして注目されています。
とても栄養のある植物なのですが、子宮収縮の作用があります。
微量なので大丈夫という考え方もありますが、当サイトではおすすめはしていません。

 

なお、一度間違って食べてしまった!
という程度なら、まず大丈夫です。
薬として精製されたものではないからです。
でも、日常的に飲食するのはやめておいた方がよさそうですよね。

 

青汁を飲むなら、これらが原材料に含まれていないかチェックしてみてください。

 

妊娠中は量を制限した方がいいもの

 

カフェイン

1日コーヒー1〜2杯分、150mg程度なら許容範囲とされています。

 

ビタミンAは?

摂取を控えた方がよいのは、動物性の「レチノール」というビタミンAです。
うなぎやレバーなどに含まれます。
植物性のビタミンAは「βカロチン」から体内で変化して作られますが、水溶性で、余分な分は尿と一緒に排出されます。
妊娠中は、ビタミンAは植物性のものを取るように勧められています。
「βカロチン」は過剰摂取の心配はありません。

 

青汁は植物由来ですので、ビタミンAに関しては心配いらないですね。

 

葉酸は?

葉酸は、胎児の「二分脊椎」という脊椎の障害を防止するために必要な栄養素です。
ですが、過剰摂取はよくないということになっています。
推奨されているのは、妊娠時は
1日480μgは取る
ことです。
上限はこれよりずっと多く、1000μgですが、推奨量程度を意識した方がよさそうですね。
通常、青汁にはそれほどたくさんの量は含まれませんが、葉酸サプリと併用するなら、どのくらい含まれているか見た方がいいでしょう。

妊婦さんへのおすすめ青汁

このサイトでは、乳酸菌と酵素の入った青汁を推奨しています。
それが便秘に効果的だからです。
乳酸菌と酵素は、妊婦さんも積極的に取っていきたい成分です。
でも、妊婦さんの場合、上に書いたようなことも気にしなければなりませんよね。

 

私も飲んでいるのですが、もしまた妊娠ということになったら?と気になります。
そこで、各メーカーに問い合わせてみました。

 

朝イチスッキリ!「青汁サラダPlus」

妊婦によくない食材

「モリンガ」が含まれています。(子宮収縮)

カフェイン

計測していないが、緑茶エキス粉末を配合しているので、微量に含まれてはいる。

葉酸

0.01mg=10μg含まれている。

 

「モリンガ」が含まれているために、妊婦さんには特に推奨していないとのことでした。
栄養的にはすごくよさそうなだけに、残念。
でも、回答も素早く、モリンガの注意喚起もしてくれて、対応には好感が持てました。

 

生きた乳酸菌と酵素が入った【生青汁】

妊婦によくない食材

特に子宮収縮の効果がある食材は含まれていないようです。

カフェイン

1包あたり0.00621mg=6.21μgだそうです。
参考までに、煎茶一杯あたりのカフェインは20mgです。
つまり、生青汁を3220杯ほど飲むと、煎茶1杯分のカフェインになります。
かな〜り微量ですね。
正直、気にしなくていい範囲かと思います。

葉酸

計測していないが、ごく微量とのこと。

 

特に控えた方がいい成分も入っておらず、妊婦さんにも安心ということです。

 

 

新菜善青汁

妊婦によくない食材

「アロエエキス」が含まれていますね。(子宮収縮)

カフェイン

ごく微量とのこと。

葉酸

5.4μg含まれているそうです。

 

薬ではなく健康食品なので、特に制限はしていないとのこと。
ただ、アロエが含まれているので、個人的には、出産を終えてからがおすすめです。

 

ということで、妊娠中に青汁を飲むなら「生青汁」がおすすめです。
もちろん、用量は守ること前提です。
便秘だからと、一日何杯も飲まずに、一杯にしておいてくださいね。

 

生青汁
生青汁

 

それでもやっぱりちょっと不安…という方

と、調べてはきたものの、製品によって違いがあって、やっぱりなんだか不安…という方。
妊婦さんにはストレスが一番よくないので、もし不安なら、無理に青汁を飲むことはありません。

 

便秘に効くもので、一般的に妊婦さんにも赤ちゃんにもおすすめとされているのは、オリゴ糖ですね。
もともと野菜や果物、豆腐などの大豆製品や乳製品に含まれているものです。
善玉菌の餌になって、善玉菌だけを腸の中で増やしてくれます。
妊娠中の便秘で悪化した腸内環境を、よい方に改善してくれます。
ただし、食べすぎるとお腹がゆるくなることがあるので、少量から始めてください。

 

スーパーなどのオリゴ糖には、人工甘味料や合成保存料が含まれているものが多くなっています。
妊娠中なら無添加のオリゴ糖がおすすめです。

 

私が使っていたのはこれですが、無添加で、妊娠中も使えて子供にも安心でよかったです。

 


カイテキオリゴ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

青汁を飲んではいけない方:こんな方は危険です

病院・病気の方 野菜不足の解消もできて、食物繊維で便秘や腸の機能にも働きかけてくれる青汁。万能なようですが、持病によっては飲んではいけない方もいます。どんな方が飲んではいけないのか?詳しく見ていきますね。食物アレルギーで、成分にアレルギー物質が含まれる方青汁に限った話ではないのですが、青汁の成分に、自分が食物アレル...

≫続きを読む

青汁はいつ飲めばいいの?

青汁をいつ飲めばいいか 青汁はいつ飲めばいいの?便秘に、ダイエットに、野菜不足の解消に、と活躍する青汁。最初に買った時、疑問に思うのはいつ飲めばいいの?…ってことだと思います。目的による違い基本的には、いつ飲んでもかまいません。ただ、目的によっては、「効果的な時間帯」があります。野菜不足の解消や栄養補給のために青汁を飲む方...

≫続きを読む

妊娠中の便秘に、青汁を飲んでもいいの?

妊娠中の青汁 妊娠中の便秘に青汁を飲んでもいい?妊娠中の便秘の原因や一般的な対処法については、こちらを参考にしてください。妊娠中の便秘を解消するには妊娠中、便秘に悩まされる方、多いですよね。それだけでなく、栄養面も気になります。食物繊維を取るなら、やっぱり青汁かな?という方も多いと思います。でも、妊娠中って、青汁...

≫続きを読む